たるみ毛穴・セラミド改善化粧品のトライアルがあります

顔の脂がすごい40代女性の肌タイプは?肌質に合ったケア方法

インナードライ肌

「顔の脂が半端ないから、すぐにベタベタ」

「40代で顔の脂がすごいのは保湿が足りないと言われたけど、保湿しても皮脂が出る」

こんなことに悩んでいませんか?

過剰な皮脂で顔がテカると化粧はすぐ崩れるし、鏡を見たとき自分のぎらつきに驚きますよね。

皮脂を抑える方法は調べればたくさん出てきますが、根本からの改善というのは簡単ではありません。

でも、肌質に合った基礎化粧品でスキンケアすると、少しずつ皮脂分泌が落ち着いてきます。

まずは、自分がどの肌タイプか調べてみましょう。

あなたの肌は乾燥性脂性肌?脂性肌?混合肌?

皮脂が過剰に分泌される肌タイプで、見分けがつきにくいの脂性肌・混合肌・乾燥性脂性肌です。

乾燥性脂性肌はインナードライ肌とも呼ばれています。

洗顔後の皮脂分泌でわかる肌タイプ

まず、お風呂で洗顔した後、すぐに化粧水を付けずに10分間放置。

すると肌が突っ張ってくるか、皮膚表面に皮脂が浮かんでテカりはじめます。

脂性肌は顔全体に割と早くに皮脂が現れ、混合肌の場合は部分的につっぱったりTゾーンがテカったりします。

インナードライ肌ははじめのうちは乾燥してツッパリ感を感じていたけど、少しずつに皮脂が分泌されてきます。

もっと正確に診断したいという人は、インナードライ肌診断をしてくださいね。

脂性肌(オイリー肌)

オイリー肌とは、そのまま脂性肌の意味で、皮脂を多く分泌し顔全体がテカってしまう人のこと。

皮脂量は多いが、水分不足というわけでもない。

混合肌

混合肌は、乾燥肌と脂性肌の2つの性質が現れる肌タイプ。

例えばTゾーンはテカるけれど、口周りや頬の外側は乾燥しやすい人などがこれに当たります。

乾燥性脂性肌(インナードライ肌)

対してインナードライ肌は最も分かりにくい肌。

表面はオイリーなのに、肌の下は水分不足で乾燥しているのです。

脂性肌・混合肌・乾燥性脂性肌のスキンケアの方法と化粧品の選び方

自分の肌質がチェックできたら、次は実際のスキンケア方法です。

40代オイリー肌のスキンケア

オイリー肌は化粧崩れしやすくて、女性にとって大敵だと思いがちですが、実はメリットもあります。

油分が表面にあるだけで、肌自体は乾燥していないのがオイリー肌。

しっかりと肌が皮脂に守られているので、一番シワになりにくいんです。

でも、過剰な皮脂分泌は毛穴の開きやニキビなどの皮脂トラブルの元になりやすいので、ある程度は落としておかなければいけません。

洗顔は必要ですが、顔がすぐベトベトになるからと洗浄力の強いものを使用すると、インナードライ肌になってしまうことも。

そのため、洗浄剤は低刺激のものを使い、余分な皮脂だけを落とすようにしてください。

化粧水や美容液は皮脂分泌の抑制効果が見られるものを使うと、次第にテカリも気にならなくなります。

乳液やクリームなどは、肌状態をチェックしながら足りないと感じる部分にだけ塗布するように。

オイリー肌の基礎化粧品の選び方
  • 余分な皮脂だけを落とす低刺激洗顔料
  • 化粧水や美容液は皮脂分泌抑制化粧品がおすすめ
  • 乳液やクリームなどの油分は乾燥する部分だけに

関連記事皮脂腺に働きかけ過剰な皮脂分泌を抑える画期的な美容液

40代混合肌のスキンケア

混合肌は脂性肌と乾燥肌の2つの性質を持っているので、少しお手入れに手間がかかります。

洗顔のときは初めに皮脂の多いTゾーンから優しく洗い、次に乾燥しやすい部分にサッと泡をのせて洗うのがおすすめです。

乾燥しているところに泡をのせている時間は、10秒以内にとどめましょう。

洗顔後のスキンケアも差別化。

乾燥するところには高保湿タイプの化粧水や美容液を使って、ベタつきやすい部分には皮脂を抑える化粧水や美容液を使うと、肌がバランスよく整います。

乳液やクリームなどの油分は、乾燥しやすい目元・口元などを集中的に!

混合肌の基礎化粧品の選び方
  • 余分な皮脂だけを落とす低刺激洗顔料
  • 乾燥部は高保湿化粧水&美容液、ベタつき部には皮脂分泌抑制成分配合のものを
  • 乳液やクリームなどの油分は乾燥する部分を中心に使う

40代インナードライ肌のスキンケア

最後のインナードライ肌のスキンケアは、何といっても保湿が大事。

肌表面に浮かぶ過剰な皮脂は、肌の水分不足が原因でたくさん分泌されているからです。

皮脂の本来の役目は、外気に混じる雑菌を肌へ付着させないことに加え、肌の下の水分を逃がさないことです。

乾燥肌による少ない水分をこれ以上逃がさないように、皮脂は分泌されています。

そのため、洗顔料は低刺激のしっとりタイプ、基礎化粧品は水分保持に特化した成分が配合されているものがおすすめ!

水分蒸発のフタの役割を果たす乳液やクリームも、忘れずに使ってください。

インナードライ肌の基礎化粧品の選び方
  • しっとりタイプの低刺激洗顔料
  • 水分保持に特化した基礎化粧品を使う
  • 水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームは必須

関連記事セラミドを増やして肌の水分保持能を改善できる基礎化粧品

顔がすぐベタベタするからグリセリン無配合がいい?

最近“グリセリンフリー”という言葉で化粧品を探す女性が増えています。

そのほとんどがオイリー肌や混合肌で、ニキビや顔の赤み、毛穴の開きなど皮脂トラブルを抱えている人です。

グリセリンは安全性も保湿力も高い優れた成分ですし、もともと肌に存在しているもの。

ただし、ニキビの原因となるアクネ菌の増加を助ける働きを持っているらしいので、上記のトラブルに悩んでいるなら減らすのもアリだと思います。

でも、まったく配合されていないものを選ぶと、劇的な乾燥に見舞われます(経験済み)。

まず試してみるなら、グリセリンや濃グリセリンが成分表の3番目以降に記載されている化粧品です。

ベタベタ感が軽減されるので、夏だけ使うのもおすすめです。

顔の脂がすごい40代女性の肌タイプまとめ

基礎化粧品の選び方はなるべく刺激が少ないタイプを選び、混合肌やインナードライの人は、しっかりと保湿も重視することが大切。

顔に皮脂が多すぎるとテカリやくすみ、たるみ毛穴の原因になるし、メイクも崩れやすくなり最悪です。

肌は年齢によって水分量やターンオーバーの速度が変わってくるので、肌質と年齢に合わせたスキンケアが大切!

自分の肌質をしっかり把握して、皮脂を抑えることとエイジングケアを両立させましょう!

関連記事インナードライ肌のスキンケアとおすすめ基礎化粧品|保水力アップが鍵

タイトルとURLをコピーしました